昭和53年の開院以来、地域の腎不全患者様を支えて40年になります。
小倉南区、小倉北区の透析患者様とそのご家族を支える施設になるよう、職員一同がんばっております。
平成25年12月にたかぼうクリニックとしてリニューアルし、透析室には30台の透析機器を揃え、無料送迎車も用意しております。また、入院ベッドも備え、通院患者様、入院が必要な患者様にも、安心していただける環境を整えております。
今後も地域の透析医療の向上を目指し、スタッフ一同、患者様に寄り添う明るい医院づくりを目指して参ります。当院のロゴマークは「患者様とご家族をスタッフが全力で支えていく」という私たちの決意を表したものです。

院長:裵 柄球(はい へいきゅう)


院長:裵 柄球

院長:裵 柄球


[院長]
裵 柄球(はい へいきゅう)

[略歴]
昭和42年 岐阜大学医学部卒業
日本透析医学会会員
福岡県東洋医会会員(漢方)
医学博士


医師:加藤 浩明(かとう ひろあき)


医師:加藤浩明

医師:加藤浩明


[医師]
加藤 浩明(かとう ひろあき)

[略歴]
産業医科大学卒業
愛媛労災病院、北九州総合病院等を経て現職。
日本内科学会会員
日本腎臓病学会会員
腎臓内科医
医学博士


クリニック理念


毎日大変なご苦労をされている患者様、ご家族様のお力になれる医院であること、地域の皆様を支える医院であることを常に心に置いて診療を行っております。当院を受診するしないに関わらず、どんなことでも医療相談をお受けしております。お気軽にお電話でご予約ください。



このページの一番上に戻る